膝肩の痛みに効く薬【2017最新市販薬】ランキング

膝痛や肩痛や関節痛に効くと言われる、一般用市販薬が最近多くなっています リョウシンJV錠、トンデケア、ビタトレールど
MENU

膝痛には通販市販薬がおすすめ!迷ってしまう薬やサプリを紹介します!!

膝の痛みに効く薬・サプリをランキングにしてみました!

 

寝ているとき以外は、膝の痛みに悩まされている人は、実はたくさんいるようです。
特に、立ち上がるときの痛みや、階段を下りるときの痛みは、ツライですよね。
なかなか膝の痛みが治らないので、病院に行ってみると、「MRIの検査をしなければ、骨以外の異常についてはわかりません」と言われて、湿布の処方だけで終わることもよくあるようです。
その場合は、膝の痛みを治すには、家で自分でケアすることになるでしょう。
今回は、膝の痛みに効果のある病院の治療と自宅でケアするためのサプリメントについて、ご紹介していきます。

 

1.病院での治療法と薬について

膝の痛みが治らなければ、まずは病院に行きますよね。
なので、病院での治療法と薬について、詳細にご紹介していきます。

 

・オピオイド系

 

「モルヒネ」

痛みは、脳から伝えられて感じるのですが、モルヒネは、脳への情報伝達を断つことで痛みを抑えます。内服、注射、湿布、座薬などの処方になります。

 

モルヒネの副作用は、依存性で、モルヒネは医療用麻薬とも言われています。
長いあいだ、たくさんのモルヒネを使っていたら、不眠、幻覚、けいれん、などの副作用が出ることもあります。

 

医師の指示に従っていれば、大丈夫なことがほとんどです。ただ、どのような薬でも起こり得る便秘や眠気などの軽い副作用が起こることもあります。

 

・非ステロイド系(NSAIDs)

 

「ボルタレン」

ボルタレンは、PG(プロスタグランジン)の痛みを増す働きを抑えて、膝の痛みをやわらげます。
ただし、膝の痛みを一時的に抑えてくれるのですが、膝の炎症を完全に治す薬ではありません。
内服、テープ薬、塗り薬などの処方になります。

 

ボルタレンは、胃の粘膜を守る働きをするPGを抑えるので、胃のむかつきや発疹などの副作用を生じることがあります。
長いあいだ、たくさんのボルタレンを使用していると、胃潰瘍になったり、アレルギー症状が起きたりすることがあります。

 

「ロキソニン」

解熱・鎮痛剤であるロキソニンは、細胞の炎症によって痛みを増すPGE2やPGI2の働きを抑制します。
ボルタレンと同様に、膝の痛みを一時的に抑えてくれるのですが、膝の炎症を完全に治す薬ではありません。
内服、テープ薬、塗り薬などの処方になります。
ロキソニンの副作用は、ボルタレンと同じ副作用です。

 

・神経系

 

「リリカ」

神経からくる痛みに効果がある神経障害性疼痛薬なので、非ステロイド系で効果のない痛みに効き目があります。
モルヒネと併用する場合は、要注意です。
内服薬の処方になります。

 

「ブロック注射」

立ち上がって歩くこともなかなかできないような関節痛の場合は、ブロック注射で治療をすることがあります。
ブロック注射に使われる成分は、痛みのある部位や痛みの程度によって違います。
主な成分は、局所麻酔剤、アルコール、ステロイド剤です。

 

ブロック注射は、一時的に痛みを抑えるものだと思っている人が多いようです。
しかし、ブロック駐車は、痛みでこわばった筋肉や神経をやわらげて、血の循環を良くする効果があるため、症状が良くなっていくという効果もあるのです。
ちなまに、ブロック注射は、関節以外の痛みには効果がありません。

 

「疑似関節注射」

変形性膝関節症や膝蓋軟骨軟化症などの、関節内の軟骨の成分がダメージを受ける痛みに効き目があります。
保険内治療の場合は、ヒアルロン酸を関節内に注射して、関節の働きを促します。関節の働きがスムーズになると、関節同士の干渉が減るので、炎症を抑えることができます。それと同時に、炎症からくる痛みも抑えることが可能です。
ヒアルロン酸は、本来はカラダの中にある成分なので、ひどい副作用を起こすことはないです。

 

 

2.薬局やドラッグストアなどの市販薬について

 

膝肩の痛みに効く薬【2017最新市販薬】ランキング
病院に行ってロキソニンやボルタレンなどを処方されたけど、まだ膝の痛みが改善しない場合は、市販薬を買うようにすると便利です。
どうしてかというと、病院での長い待ち時間、先生との診察、診察代を払う待ち時間、そしてやっと薬をもらって家に帰る、という手間が省けるからです。
市販薬を買うようにすると、金銭的には少し高くなってしまうのですが、買い物のついでに手軽に買うことができるので、おすすめです。

 

「ロキソニンS」

ロキソニンSは、処方薬のロキソニンと同じ処方です。
やや摂取するのに注意がいるので、指定第2類医薬品となっています。
そのため、買うときは、薬剤師の説明を聞かなければなりません。

 

「ボルタレンEXシリーズ」

ボルタレンEXシリーズは、塗り薬や貼り薬として、売られています。
第2類医薬品ですが、通販で購入も可能です。

 

 

3.通販で買うことができる第3類医薬品のランキング!

 

病院に行くのは、なにかと手間がかかります。
また、膝の痛みがひどいときに、市販薬を買いにドラッグストアや薬局に行くのは大変です。
そんなときに、パソコンやスマートフォンから簡単に購入できる、膝の痛みに効く第3類医薬品をおすすめします。

 

通販で薬を買うと、定期購入にしら初回価格が安くなることがよくあります。
また、月々の料金が割引きになることも多いです。
通販で薬を買うのは、手間が省けるだけでなく、金銭的にもお得なのです。

 

また、サプリメントのような特徴を持つ製品がたくさんあります。
ビタミンCやヒアルロン酸などのサポート成分が配合されているものは、膝の痛みの根本治療ができます。

 

しかし、サポート成分を配合したたくさんの製品があるので、どの第3類医薬品を選んだらいいのか、迷ってしまいがちです。
そこで、第3類医薬品を選びやすくするために、膝の痛みへの効果が高い製品をランキングにしてみました。

膝痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬

リョウシンJV錠の特徴

<有効成分>
フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体)
(フルスルチアミンとして) 109.16mg (100mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12) 1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE)
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして) 103.58mg (100mg)
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg

価格 1,900円
評価 評価5
備考 初回限定価格です。2回目以降は通常価格ですが継続購入割引制度あり
リョウシンJV錠の総評

CMでお馴染みのリョウシンJV錠、膝の痛みによく効きます。その理由は、フルスルチアミン塩酸塩。これが配合できるギリギリまで入っているからです。

フルスルチアミンとは、何となく聞いたことはあるけど、いったい何?と思っている人もいるでしょう。実はビタミンB1誘導体なのです。

ビタミンB1は健康維持には欠かせない成分で、脳や神経の働きを正常に保つ作用があります。これが減少すると、神経通や関節通などが起こるのです。

もうひとつの代表的な成分はγオリザノールです。これは自律神経と深く関わる成分です。 自律神経は、ご存知の通り交換神経と副交感神経が交互に覚醒することで体が成り立っています。どちらかのバランスが崩れると体調不良を引き起こします。さらに交換神経が優位に立ち過ぎると筋肉や神経が緊張状態となり、血の流れが悪くなります。それにより関節痛や関節炎を引き起こすのです。

色々な角度から膝痛を改善させるので、原因が何であれ膝痛がよくなることは間違いありません。

サプリメントはあくまで健康食品ですので、効果があったとしても、2〜3ヶ月は飲み続けないとダメです。

私も初期はまずこれを飲みながら、グルコサミンサプリを併用しました。
早急に痛みに対しての効果を期待するのであれば、初回限定格安価格のリョウシンJV錠をおすすめします。

膝痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬

トンデケアの特徴

面白いネーミングが目を引くトンデケア
あきさんや親方のテレビCMでも最近有名な商品
ここにある他の商品よりは後発組になりますので、必要な成分はしっかり押さえた成分を配合しています
リョウシンJV錠との違い <有効成分>ニコチン酸アミド60mgがトンデケアに入っているところ <初回価格>トンデケアの方が初回は割高です
定期購入価格で割引が、1回目で定期購入の停止可能!!

価格 2,450円
評価 評価4.5
備考 初回限定25%OFF価格(税抜き価格)
トンデケアの総評

フルスルチアミンとして/100mg
ビタミンB6/100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12)/ 1,500μg
ビタミンEコハク酸エステルカルシウム/103.58mg
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして/100mg
ニコチン酸アミド/60mg
パントテン酸カルシウム/30mg
ガンマ-オリザノール/10mg
※添加物:ヒドロキシプロピルセルロース、マクロゴール、タルク、炭酸Ca、乳酸Ca、ケイ酸Ca、カルメロースCa、セルロース、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、アラビアゴム、酸化チタン、白糖、カルナウバロウ、リボフラビンリン酸エステルNa

膝痛み薬,口コミ,膝肩痛み薬

ビタトレールの特徴

ビタトレールEXPは、リョウシンJV錠のジェネリックとも言われています。 ビタトレールEXPの配合成分はもちろん、添加物も同じで、製法だけが違います。 そのため、リョウシンJV錠と同効果があるのですが、購入方法の選択が少ないので、定期購入やまとめ買いをすると、リョウシンJV錠より価格が高くなります。 1瓶ごと買うなら、ビタトレールEXPのほうが安いのでオススメです。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 第3類医薬品 363錠入りで量が多い
ランキング1位 リョウシンJV錠

リョウシンJV錠を、CMで見たことがある人もいると思います。

 

リョウシンJV錠の特徴は、医薬品有効成分フルスルチアミン塩酸塩が、上限値まで配合されているところです。
フルスルチアミンは、ビタミンB1を安定化させたビタミンB1誘導体の別の呼び方になります。
ビタミンB1は、神経伝達を円滑にするビタミンで、体に欠かせない成分です。
しかし、ビタミンB1が、年齢とともに減っていくと、神経痛や関節痛などを生じてしまいます。

 

リョウシンJV錠には、自立神経に働くγオリザノールも配合されています。
交感神経と副交感神経が、自立神経にはあります。
しかし、交感神経が優位になってしまうと、筋肉や神経がこわばって、血液の流れが悪くなります。そして、関節炎が起きたり、関節炎がさらに悪くなったりしてしまいます。

 

リョウシンJV錠は、いろいろな角度から膝の痛みをやわらげてくれます。

 

ランキング3位 ビタトレールEXP

 

ビタトレールEXPは、リョウシンJV錠のジェネリックのような第3類医薬品です。
どうしてリョウシンJV錠のジェネリックのようかというと、配合されている医薬品有効成分が同じだからです。また、添加物の種類も同じです。何が違うかというと、製法だけが違います。

 

リョウシンJV錠と同等の効果があるので、ビタトレールEXPが良い製品だというのは間違いがないのですが、デメリットは、購入方法の選択が少ないところです。
定期購入をしたり、まとめて買いたいなら、ビタトレールEXPは、ョウシンJV錠より割高になります。
定期購入をしたくない人や、まとめて買うお金が気になる人、または1瓶ずつ買いたい人には、リョウシンJV錠よりビタトレールEXPのほうが安く買うことができるので、お得です。

 

長期的な服用を考えるならサプリメントも試してみるのも

 

病院の処方薬や市販の医薬品は、副作用や体への負担を考えると長期間服用は気が引けますね。
また、痛みをやわらげてくれますが、痛みを根本から治すことはできません。
病気からきている痛みでなければ、医薬品の即効性で痛みをやわらげて、関節サプリメントで痛みの原因を解決していくと良いでしょう。

更新履歴

メニュー

このページの先頭へ